education

幼稚園教論の育成

幼稚園教諭を育成する

幼稚園教諭という職業は、子供が好きな女性にとって憧れの職業です。幼稚園教諭になるために、まず幼稚園教諭免許を取得することが必要となります。幼稚園教諭免許は、大学、短期大学、専門学校等で取得が可能です。以前は短期大学で学び、免許を取得する学生が多かったのですが、近年では大学に進学して免許を取得する学生が増えています。金額的には、短期大学や専門学校に通う方が授業料等が抑えられますが、大学では4年間の時間をかけてじっくりと「幼稚園教諭という職業」と向き合うことができます。近年、大学の学科に「こども学科」というものが設けられており、1年次から子供たちと様々な形でふれあうことの出来る環境を整えています。

免許取得だけではない魅力

今までの幼稚園教諭の免許取得に対する考え方としては、少しでも短期間で金額も抑えて免許を取得し、早く社会に出る事が推奨されてきました。しかしながら、近年、学生が大学進学を選ぶ理由として、様々な角度から教育に関わることが出来るということが挙げられます。実習を多く設定することによって、社会に出る前に子供と触れ合う回数を増やしている大学・学部もあれば、心理学・治療教育学といった子供の心について学ぶことのできる学部もあり、福祉や障害を持つ子供について学べる学部など、選択肢は無数にあります。 特に、卒業して教諭となり子供たち一人一人と落ち着いて向き合うために、実践を多く積むことのできる環境は有意義であると言えます。